ひいろのブログ

心理学を中心に有益な情報を発信していきます

失恋から早く立ち直る方法【心理学的観点から考える】

失恋から立ち直れない人

失恋とは本当に辛いものですよね。好きで好きで仕方がない。そんな人から急に拒絶される。

ある研究では、失恋をすると40パーセントもの人が軽い鬱状態になってしまうとも言われています。

そこで今回は失恋から早く立ち直る方法について心理学的観点から解説していこうと思います。

 

 

失恋から立ち直れない理由

失恋は恋愛の禁断症状

恋愛というのは麻薬に近いものだということを覚えておきましょう。これは勝手に僕が言っている訳ではなく、科学的に証明されていることです。

脳科学者の実験のよると、失恋した人の脳の状態はコカインやヘロインといった薬物中毒者の離脱状況によく似ているという事が分かっています。

つまり、LINEやデートといった恋人との繋がりが薬物。そして、失恋するとその繋がりが無くなってしまうので、代わりに楽しかった恋人との思い出を思い出すというのが薬物中毒からの離脱状況という訳ですね。

薬物中毒者が薬物依存から抜けられないように、失恋をすると恋人への依存から抜けられず、中々立ち直れないということですね。

さらにこの恋愛という麻薬は厄介なことに別れた後に美化されます

私たちは失恋をすると昔の思い出を思い出すということは先ほど言いました。

この思い出は勿論良い思い出に限られます。一緒に過ごした楽しい日々、恋人の笑顔、恋人がプレゼントをくれた事、一緒に旅行の計画を立てたこと。

これによって喧嘩した事、失敗したデートといった悪い思い出が自分の頭の中から忘れられ、まるで恋人と一緒に居た日々は全て楽しかったという風に過去が美化されてしまうのです。

つまり、恋人という麻薬への依存は別れてからどんどん強くなって行きます。これも私たちが失恋から立ち直れない要因の1つとなっています。

 

失恋から立ち直るには

失恋によるダメージをゼロにする方法は知りません。しかし、失恋から早く立ち直る方法はあります。

失恋した人がまず最初にすべきことは自分の感情を吐き出してしまうことです。

恋人にもう会えない悲しみ、自分が拒絶された事の辛さを全てさらけ出しましょう。

これには2つの方法が効果的です。

 

失恋ソングを聴こう

失恋ソングは効果的

自分の感情を吐き出すには失恋ソングを聴くのが効果的です。失恋ソングの切ない歌詞が自分の感情を代弁してくれます。

できるだけ自分と同じようなシチュエーションの失恋ソングを探して聴きまくり、涙が枯れるくらいたくさん泣きましょう。

そうするとだんだんと辛い気持ちが薄まっていき、失恋ソングを聴いても涙が溢れるということは無くなっていきます。(これはこれで悲しい事ですが)

 

 

恋人との思い出の品はしばらく取っておこう

恋人との思い出の品はすぐに捨てるな

失恋から早く抜け出したいなら恋人との思い出の物は捨てるべきと思うかもしれません。

しかし、実はこれは間違いで暫くは取っておいた方が早く立ち直れます。失恋して暫くは恋人との思い出があっても無くても結局恋人の事を思い出してしまいます。

その時に思い出の物が無いと、結局自分の記憶だけを頼りになってしまい、恋人の美化が加速してしまいます。

ですから、別れても暫くは捨てずに取っておくようにしましょう。

実際に心理学の実験においても、思い出をとっておいた方とすぐに捨てた方では、前者の方が失恋からの立ち直りが早かったという結果が報告されています。

 

美化された恋人像の消去

失恋の感情を発散すると、その気持ちは次第に薄まって行きます。失恋ソングを聴いても何ともなくなって来ます。

そうしたら、自分にかけられた恋のマジックを解いてしまいましょう。

恋のマジックとは過度に美化された恋人像のことです。

あなたにも誰かをを好きになると、その人の良い部分しか見えなくなるなんて経験があると思います。

この恋のマジックの解き方ですが、簡単です。恋人の悪いところをノートでもメモ帳でもいいので書き出して行きましょう。

そしてそれを寝る前に見るようにしましょう。

付き合っていたときの事をよくよく思い出してみると、当時は気にならなかったけど恋人の悪いところって意外とたくさん見つかります。

すると、恋人が自分の思っているような人とは程遠い人物であることに段々と気付いてきます。

恋のマジックが段々解けてきたなと感じたら恋人との思い出をどんどん捨てて行きましょう。

せっかく恋人という麻薬への依存から抜けようとしているのに、思い出の品は邪魔なだけです。

恋人との写真、プレゼント全て捨てましょう。そして新しい恋を見つける準備をすると良きです。