ひいろのブログ

心理学を中心に有益な情報を発信していきます

占いが当たるのはなぜか?【バーナム効果】

占いはなぜ当たるのか?

どうして占いは当たるの?

この記事を訪れてくれた皆さんには、今までこんな疑問を持った経験があると思います。

星座占い、血液型占い、タロット占いなどなど色々な占いがありますが、どれも科学的根拠はありません。

しかし占いを受けた人の多くは、占いが当たったと思っているようです。

ではどうして占いは当たるんでしょうか?

今回はそんな疑問に答えてみました。

 

占いの歴史

占いの歴史

占いの歴史は長く古代にまで遡ります。(『占』と『古』って似てますもんね笑)

日本で最初に占いを始めたのは皆さんのよく知るあの人物。

そう、卑弥呼です。

卑弥呼は弥生時代の邪馬台国の女王ですよね。彼女は鬼道と呼ばれる占いを行い、国の統治に利用していたと言われています。

この頃はまだ占いは権力者の道具でした。

平安時代になると占いが日常化します。

陰陽師という祈祷を生業とする人々の登場や風水の前身と言われる易占いが広まったおかげで、占いは人々の生活に深く関わってくるようになりました。

その後科学革命が起こり、占いは非科学的なものとして学問からは消えていきますが、世俗的なものとして今も深く日本の社会に根付いています。

占いはどうして当たるのか?

ではどうして占いは当たるのか?

結論から言ってしまうと、誰にでも当てはまるような事しか言っていないからです。

人は誰にでも当てはまるような当たり障りのない指摘をされた際に、それが当たっていると錯覚してしまいます

この心理変化を心理学的にはバーナム効果と呼びます。

例えば占い師は次のようなことをよく言います。

『あなたは基本周りとワイワイいるタイプですが、一人になりたいと思うこともありますよね?』

これって正直誰にでも当てはまりますよね。

このように実は占いというのは人間の心理的錯覚を利用したものだったんですね。

よく当たる占い師とはこの心理的錯覚を生み出すのが上手いんでしょうね。

また思い込みの力も占いを助けています。

例えば星座占いで今日は不幸な出来事が起こるという結果だったのを朝のニュースで見たとします。

そうすると変に占いを意識して、普段は気にしないようなことさえも不幸だと思い込んでしまうことがあります。

以上のように、占いは当たるというより当たったと錯覚しているという表現が正しいかもしれません。

 

バーナム効果を応用

バーナム効果をコミュニケーションに応用

占いで使われているバーナム効果を日々のコミュニケーションに応用することもできます。

占いとは根本的には占い師と客のコミュニケーションですから当然っちゃ当然です。

例えば気になっている人がいるけど、きっかけや話題がなくて中々話しかけに行く事ができないときありますよね。

そんな時に使えるのが誰にでも当てはまりそうな話題です。具体的な会話例を下に書いてみます。

 

Aさん『先輩お疲れ様です!』

Bさん『お疲れ〜』

Aさん『あれ、先輩元気なさそうですけどなんかありました?』

Bさん『え?そう?』

Aさん『顔色も気持ちよくないような』

Bさん『あー、朝ご飯食べてないからかも』

Aさん『えー、寝坊したんですか?』

 

『ちょっと元気なさそう』『顔色が少し悪い』といった言葉は誰にでも当てはまりそうですね。

これを言われるとバーナム効果により、相手は本当にそうかもしれないと錯覚します。

すると相手は勝手にその原因を探し始め、自分に対して色々と話してくれます。

それだけでも会話は弾みますし、もしかしたら思わぬ悩みを自分に打ち明けてくれるかも。そうなれば、秘密を共有したことで距離がグッと縮まります。

また、相手は他の人が気付かないような自分の些細な変化に気付いてくれたということで、この人は自分に興味を持ってくれていると感じ、こちらの印象も良くなります。