ひいろのブログ

心理学を中心に有益な情報を発信していきます

注意!嫌なことがあった時に酒飲んで忘れようとしてない?実は逆効果!

やけ酒に意味はない

今回は実はアルコールが私たちの記憶のある機能を強化してしまうことについて書いていきます。

最近の研究で少量の飲酒さえも健康に悪いことが判明し、お酒はまさに『百害あって一利なし』の飲み物になってしまいました。

しかし、健康に悪くても他の用途もありますよね。

例えば嫌なことがあった日に酒を飲んで忘れるとか。いわゆるやけ酒です。

ところが最新の研究でやけ酒さえも意味がないことがわかってしまいました。

というわけで詳しく見ていきましょう!

 

記憶の仕組み

記憶のメカニズム

そもそも私たちの記憶はどのようにして脳に保存されるのでしょうか?

その過程は記銘、保持、想起の3つの段階に分けられます。

私たちは何かを記憶する時に、まずはその情報を獲得します。本、新聞、ネット、テレビと獲得手段は様々ですね。これが記銘の段階です。

次に、得た情報を頭の中に留めようとします。これが保持です。

しかし、保持しただけでは人はその情報をいずれ忘れてしまいます。

つまり、長期的に記憶するためには、一回その記憶を不安定な状態にした後、固定し直す必要があります。これが想起です。

想起によって記憶はより長持ちするようになります。記憶はインプットよりもアウトプットが大切といわれているのは、この想起が行われるからですね。

 

アルコールは記銘を邪魔する

ではお酒は私たちの記憶にどのような影響を与えるのか見ていきましょう。

お酒に含まれるアルコールは、私たちの記憶における記銘を妨害することが分かっています。

記銘とはさっき説明しましたが、情報を獲得する段階。記憶における第一ステップです。

お酒をたくさん飲みすぎて途中から記憶がなくなっていたという経験がありませんか?その後の記憶があっても、途切れ途切れでよく思い出せない。

あれはアルコールによって情報の獲得が妨害されているからだったんですね。

 

アルコールは想起を助ける

アルコールは記憶を助ける

アルコールは記銘を邪魔する一方で、想起にも影響を与えることが最近の研究でわかりました。

想起の過程では一回記憶が不安定になった後に、再固定されることで記憶が強化されます。

アルコールを過剰に摂取すると、不安定化された記憶を安定化し、再固定をより強める、つまり想起を強化するんですね。

これだけ聞くと一見良さそうに思えますが、アルコールが強化する記憶は、恐怖記憶ということも分かっています。

 

嫌な記憶を忘れるのに酒は逆効果?

酒は嫌な記憶を消してくれない

先ほどの現象をヤケ酒の例で考えてみましょう。

嫌なことがあったから酒を飲んで忘れようとする。その場では友達に慰められたり、騒いだりして楽しいかもしれません。しかし、次の日にはそんな楽しい記憶はなくなっています。

一方で、すでに記銘された嫌な記憶は蘇ってきて、アルコールの力によってより強固に保存されます

結果としてヤケ酒は実は嫌な記憶を忘れるどころか、強化してしまうんですね。

嫌なことがあったら、酒なんて飲まずに楽しい出来事で上書きしましょう。(自戒)

 

 

 

 

 

酒は本当に百害あって一利なし?

酒を飲む夫婦は長続きする?

このままだとお酒をネガキャンしただけで終わってしまうので、最後に少しだけポジキャンして終わります。

ミシガン大学の心理学者Kira S Birditt教授らの研究によると、お酒を一緒に飲む夫婦(カップル)はそうでない夫婦(カップル)に比べて長続きすることが分かっています。

これは特に女性側に違いが見られ、お酒を飲んでいる人の方が相手に対してマイナスなイメージを持ちにくいという結果も得られました。

お酒が夫婦間におけるコミュニケーションの潤滑剤となるんでしょうか。

ノミニケーションという言葉もあるくらいですから、お酒は人との仲を深めるツールとしては有効なんですね。

一方でどちらか一方がお酒を飲むという夫婦は、関係に不満を持っている場合が多いということも明らかになっています。

 

参考文献

Ethanol Enhances Reactivated Fear Memories, Hiroshi Nomura and Norio Matsuki
「Neuropsychopharmacology」

 

↓良かったら押して応援してください 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村