ひいろのブログ

心理学を中心に有益な情報を発信していきます

恋愛に役立つ12個の心理学テクニック

恋愛に役立つ心理学テクニック

今回は恋愛に役に立つ心理学をいくつか紹介していきます!

夏までに恋人を作りたい人は必見です。この記事を読んでぜひ素敵な人をゲットし、充実した夏休みを送りましょう。

それではさっそく見ていきます。

 

 

 

仲を深めるための恋愛心理学

返報性の原理

返報性の原理を恋愛に応用

贈り物をされるとお返ししたくなるといった人の心理がこれですね。お歳暮とかホワイトデーは好意の返報性を利用したものと言えます。

好意の返報性を利用して、片思い中の相手に自分を意識させるというテクニックがあるので紹介します。

それは片思いしている人にその事実を友人などを経由して伝えてもらうというものです。

すると相手は好意を向けられた事に対して好意でお返ししないとという気持ちになり、あなたの事を絶対に意識し始めます

ここから恋愛感情に発展するかはあなたの頑張り次第です。

 

ネームコーリング 

人は無意識に自分の名前に好感を持っています。だから相手に自分の名前を呼ばれると自然とその人に親近感を抱いてしまうものです。

例えば名前で呼び合うカップルは、そうでないカップルに比べて長続きするということが心理学の実験で分かっています。

あなたが気になる人との距離を縮めたいのなら、不自然にならない程度にその人の名前を呼んでみましょう。

すると自然と距離が近づく上に、好意の返報性より相手もあなたの名前を呼んでくれるようになるかもしれません。

 

初頭効果

人やものは初めに与えられた印象がその後も強く影響するというのが初頭効果です。

要するに恋愛に限らず良好な人間関係を目指しているなら、第一印象に命をかけろという事ですね。

最初に良い印象を与えられれば、その後に多少のミスをしても相手は良い解釈をしてくれます。

逆に第一印象が悪いと、そのロスを取り返すのは難しくなります。

好きな人が出来ても、その人に悪い第一印象を与えてしまったと思うなら、諦めるか根気強くアピールし続けていく必要があります。

ちなみに人の印象って視覚情報(見た目)と聴覚情報(話し方)と言語情報(話した内容)の3つで決まりますよね。

これらが第一印象に及ぼす影響の比率は『55:38:7』とされています。(メラビアンの法則

いかに人間が人を表面的に判断しているかが分かりますね。 

 

単純接触の原理

人間は初めて見るものには本能的に警戒心を抱いてしまいます。しかしそれを何度も見るうちに、警戒心が薄れだんだんと好意を持っていきます

これは人間、物の両方に当てはまります。あなたが好きな人に振り向いて欲しいならその人に何度も会おうとする事が重要です。

親密度が高まるだけでなく、相手が自分に好意を抱いてくれる可能性も高まります。

マメな男性がモテたり、遠距離恋愛が続かないというのも単純接触の原理によるものです。

 

好意の自尊理論

恋愛心理学

失恋や失敗を経験してマイナスな気持ちになっている人は自尊心が傷付いています。

そういう時に励ましたり優しく接してあげると、自尊心が回復されあなたへ好意を持つようになります。

フラれた後に優しくされると惚れやすいというのはまさにこれですね。

気になっている人が落ち込んでいたらチャンスです。さり気なく優しくして自尊心を回復してあげましょう。きっとあなたの事を特別な人として意識し始めます。

 

 

 

デートで役に立つ恋愛心理学

ある程度仲が深まってきたら次はデートに備えましょう。ここではデートに誘う時やデート中に役立つ心理学を紹介します。

カチッサー効果

カチッサー効果でデートに誘おう

カチッサー効果とは、相手に何かお願い事をするときに、理由をつけるだけで引き受けてもらえる確率が大幅にアップするというものです。

例えば友人にジュースを買ってきて欲しい時にただ『ジュースを買ってきてくれない?』と頼むより、『今忙しいからジュース買ってきてくれない?』と頼んだほうが引き受けてもらえる確率が上がります。

カチッサー効果は気になる人をなにかに誘いたい時に有効です。例えばあなたが誰かをデートに誘いたいとしましょう。

この時、『今度ご飯に行かない?』ではなく『◯◯駅の近くに新しくレストランが出来たから行かない?』と理由を付けて言った方が格段に成功率が上がります。

カチッサー効果の面白い所は、その理由がちゃんとしていなくても成功率が上がるところです。

例えば先程のジュースの例だと『喉が乾いたからジュースを買ってきてくれない?』というテキトーな理由であっても、付けないよりは成功率がかなり上がります。

ちなみにこれはLINEなどのメッセージよりも直接言った方がより効果的です。

LINEだと相手に考える時間を与えてしまいますが、直接だとすぐに返事をする必要があるので、理由に流されやすいからです。

少し勇気が要るかもしれませんが、ぜひ試してみてください!

 

ミラーリング

ミラーリングを恋愛に応用しよう

人は自分と似ている人を好む習性があります。これを利用して意識的に相手を真似してみようというのがミラーリングです。

気になる人と一緒にいる時は、さり気なくその人の行動や仕草を真似してみましょう。さり気なくというのがポイントで、真似している事が本人にバレてしまうと逆に良くない印象を与えてしまうので注意が必要です。

さり気なく真似なんて難しいよって人にとっておきのミラーリングを教えちゃいます。

それはペーシングです。

これは相手の喋るペースに合わせるというもので、難易度が低い上にバレにくいのでとってもオススメです。

話すスピードや間の取り方、声の大小を真似してみましょう。相手は自然とあなたに親近感を抱いてくれます。

 

 

 

親近効果

親近効果をデートに応用

これは初頭効果とは逆で、最後の印象が大事だよって事です。『終わり良ければすべて良し』という言葉がありますがまさにこの事ですね。

恋人とのデートがあまり盛り上がらなかった時も、最後の別れる直前が楽しければ、相手のその日のデートへの印象は良くなります。

デートの最後を盛り上げるためにプレゼントや面白い話は最後まで取っておきましょう。

 

 

男性脳と女性脳の違い

実は男性の脳と女性の脳では作り違うと言われています。同性同士の方が会話が盛り上がりやすいのはこれが原因という説も。

特にコミュニケーションにおいてこの違いは顕著で、男性は目的女性は共感を求めて会話をするようです。

なので女性との会話では聞き役に徹し、相手に共感する事を心掛けましょう。

一方で男性とは支配欲が強い生き物なので、男性の話に対して大きなリアクションで反応してあげると好印象を与えやすいです。

ただ勿論こんな単純なものではなく、女性でも男性脳寄りだったり、男性でも女性脳寄りの人がいます。

しばらく接してみて相手がどっち寄りの脳かを見極めるのが大切です。

 

横顔の与える印象

人の顔は前、左、右のどこから見るかによって印象が大きく違うことが分かっています。特に横顔に関しては右は建前左は本音が現れます。

まだ相手の事を良く知らないなら左側に、ある程度仲が良い相手なら右側に座るのがグッドですね。

 

暗闇効果

暗闇効果でデート場所を選ぼう

人は暗い場所の方がよりプライベートな話をしやすくなります。これは暗いと自制心や道徳心のブレーキが弱まることが原因とされています。

修学旅行で消灯後に恋バナなんかで盛り上がった経験がありませんか?あれはまさに暗闇効果の典型例です。

これを恋愛に応用しましょう。例えばデートの時に少し暗めで雰囲気のある所を選ぶと、ディープな話題で距離をグッと縮めることができます。

 

ランチョンテクニック

人は誰かと一緒に食事にするとオキシトシンというホルモンが分泌されます。これが分泌されるとさらにセロトニンという幸せホルモンが分泌され、幸福感が得られます。

人間の脳は面白い事に、本来は食事に対して感じている幸福感が、一緒に食べている相手によるものだと錯覚してしまう事があります。

つまり美味しい物を一緒に食べているとその人の事を好きになってしまう事も起こり得るという事です。

先ほどの暗闇効果と合わせると、初デートは相手の好きなものを予め調べておき、少し暗めのレストランを選ぶと良いでしょう。

 

↓良かったらポチって応援してください (勿論無料)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村

 

こちらの記事も興味ある方はどうぞ

www.toeriblog.work