トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

赤坂育子さんの本名は?若い頃の写真、年収。関わりがある財政界の大物とは?

5月21日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』では芸者の赤坂育子さんが登場しました。

芸者さんというと若い女性がやっているイメージですが、なんと赤坂育子さんは79歳の大大ベテラン。

その歳で現役で働いている事自体驚きなのに、芸者さんとは信じられないレベルですね。

今回はそんな生ける伝説である赤坂育子さんについてまとめてみました。

 

赤坂育子さんのプロフィール

 

本名 室園紀久子

生年月日 1940年

年齢 79歳

出身 熊本県

芸名 赤坂育子(あかさかいくこ)

 

赤坂育子さんの経歴は?

赤坂育子さんは現役で活躍されている芸者さんで

その舞踊はこの年になっても色あせず

若手が下を巻く色気があり

座敷を盛り上げる話術も一級品で

これまでに多くの財界人をとりこにしてきた

と言われています。

 

赤坂育子さんが芸者になったのは17歳の頃から。

つまりこの道62年ということになります。

芸者さんを目指そうと思ったきっかけは

地元熊本のデパートで芸者見習いの

『半玉(はんぎょく)』さんを見て

可愛いと思ったことらしいです。

しかし両親にこの事を話すと反対。

すると赤坂育子さんは次の日

半玉さんに教えてもらった連絡先を書き残し

風呂敷一つで家を出たと言われています。

父親もその行動力に押され

『(芸者になる事を認めて)ハンコ押すから一流になれよ』

と言ってくれました。

 

1964年(昭和39年)に熊本から

東京赤坂に上京。

最初は熊本弁が出てしまうこともあり笑われることもあったそうですが

赤坂一の人気芸者として

有名週刊誌の表紙を飾ったこともあります。

平成28年5月には花柳界として初の朝日双光賞を受賞。

 

赤坂育子さんと関係のある財政界の大物は?

赤坂育子さんは花柳界の生ける伝説として

数多くの有名人をもてなしてきました。

野球選手の王貞治や俳優の石原裕次郎、プロレスラーの力道山、更には総理大臣の佐藤栄作や田中角栄など、各界を代表する有名人と関わりがあったそうです。