トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

ラスノーブルがマツコの知らない世界に!幻のアスパラガスの値段は?通販も

幻のアスパラガス『ラスノーブル』とは?マツコの知らない世界で紹介

5月14日の『マツコの知らない世界』で

アスパラガスの世界が特集されました。

そこで紹介されたのが

幻のアスパラガス『ラスノーブル』

何ともうすぐ食べられなくなるとか。

今回はラスノーブルについての情報を

まとめました。

 

アスパラガスはどんな味?

そもそも皆さんは

アスパラガスを食べたことがありますか?

アスパラガスの年間消費量は1人あたり3本

中々食べる機会が少なくどういう味か知らない

という人も多いと思います

 

食べてみると柔らかくてまろやかな味わいで

くせになるという人も多いです。

 

アスパラガスを使った料理では

アスパラガスの肉巻きなどが有名です

簡単に作れるので興味ある人は

ぜひ一度作ってみると良いです。

 

ラスノーブルとは?

ラスノーブルは品種改良により生まれた

苦味の少ないアスパラガスです。

北海道の美瑛町で栽培され始めました。

2008年の洞爺湖サミットの食事でも

出されるくらい人気です

 

外見は先端が赤みを帯びているのが特徴で

柔らかく強風が吹くと曲がってしまうので

栽培は難しいらしいです。

 

その上さらに残念なことに

新しい種がなくなってしまい

現在栽培されている株から

収穫できなくなったらもう食べられなくなってしまいます。

幻と言われる所以はこういうことなんですね

収穫できなくなるまで後数年と言われているので

食べたい人は今のうちに買っておきましょう

 

内山裕史さんってどんな人?

『マツコの知らない世界』に出演し

アスパラガスの魅力について解説してくれた

内山裕史さんとはどんな人何でしょうか?

調べて見たところ

内山さんは北海道美瑛町で

アスパラガス農家を経営している方でした。

美瑛町はさっきも登場しましたが

ラスノーブルの発祥の地ですね。

内山さんの経営する農家の名前は

『うちやま農園』

というらしいです。

 

うちやま農園

うちやま農園は北海道美唄市にある

アスパラガス農園ですね

 

土壌は有機質をふんだんに含んだ泥炭土壌

さらに昼夜の寒暖差によって生まれる

甘みと独特の滋味やエグ味、柔らかさ

が特徴なんだとか。