トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

皇居周辺でドローン出現。第二のノエルの犯行か?

皇室周辺でドローン目撃、第二のノエルか?

令和元年ということで皇室関係のおめでたいニュースが飛び交う中、先日皇居周辺でドローンらしき物体の目撃証言が相次ぎました。

ドローンといえばノエルという人物を思い浮かべる人も多いと思います。

今回はそれとの関係性について書いて行きます。

 

 

ドローンは違法?

東京都千代田区の皇居周辺でドローンが目撃されたのは5月2日の夜。皇居周辺を警備中だった警察官が上空にドローンらしき物体が飛行しているのを発見。行方を追ったが途中で見失ってしまいました。

同じ日に新宿区でもドローンが目撃されています。

 

これらのドローンは1つだけでなく、複数飛んでいて、光を点滅させていたようです。

ドローンを操っていたのは一人ではないのかもしれません。

皇居のような重要施設周辺や人工密集地でドローンを飛ばす行為は法律によって禁止されています。そのため今回ドローンを飛ばした犯人は航空法違反で逮捕される可能性があります。

 

ノエルって誰?

ドローン事件があると毎回話題に上がるのがドローン少年ことノエル君です。

ノエル君は元ニコニコ動画の配信者です。主に人の迷惑になるような動画をあげる炎上的な方法で視聴者を集めていました。その動画の1つがドローン動画です。その内容はドローンにカメラを付けて侵入禁止区域を無断で撮影するといったもので、度々警察に通報されて厳重注意を受けていました。

そしてついにノエル君が逮捕される日がきます。ノエル君が浅草三社祭でドローンを飛ばすという情報を受け、警察は威力業務妨害に値するとして逮捕状を請求。そのまま逮捕となりました。

 

今回の犯行は誰がなんの目的でやったのか?

今回のドローン事件は誰がどんな意図を持って起こしたんでしょうか?

おそらく愉快犯による犯行と思われます。

ノエル君に刺激を受けた人たちが、令和に元号が変わるということでテンションも上がり、ノリで飛ばしたと考えられます。

それにしても落ちて人に直撃したらどう責任を取るつもりなんでしょうか。もう少し考えて行動して欲しいです。

 

警察の警備体制に不安

そもそもドローンを皇居周辺で飛ばせる環境にあったという事が考えられませんよね。

この時期ですし、天皇陛下にもしもの事があったらいけませんから、ジャミングなどで妨害してドローンを操作できないような環境にするべきだと思います。

ぜひ今回の事件に反省して警察にはもう一度警備体制をしっかり考えて欲しいですね。