トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

平成最後アシストの汰木康也の素顔 イケメンドリブラーに彼女はいるのか?

 

もうすぐ令和という事で、『平成最後の◯◯』という単語が飛び交っていますが、今回注目するのは『平成最後のアシスト』。

Jリーグ平成最後のゴールが生まれたのは28日の浦和レッズ対清水エスパルスの試合。

後半52分に絶妙なクロスを上げゴールをアシストしたのはなんとJ2から浦和加入後初出場の汰木康也選手。彼は天才イケメンドリブラーとして最近注目されています。

今回は汰木康也選手についてまとめました!

 

汰木康也選手の経歴

生年月日 1995年7月3日

身長183cm 

体重70kg

出生地 神奈川県

ポジション MF(ミッドフィルダー)

 

 

サッカーは幼少期からやっていて、小学生の頃は横浜Fマリノスの下部組織に所属。

中学・高校となってもそのままマリノスでサッカーを続けました。

日本クラブユース選手権(U-18)ではMVPを獲得したりと若い頃から注目の選手でした。

高校卒業後はJ2の山形に所属し、2019年からは浦和レッズに移籍。

 

汰木選手のプレースタイル

汰木選手といえばその俊足を活かしたドリブル。天皇杯準決勝ではなんと4人を躱しての80mドリブル突破でそのまま自分でシュート。惜しくもゴールとはなりませんでしたが強烈な印象を残しました。

高速ドリブラーという事でカウンターには欠かせない選手です。

 

 

汰木選手の彼女は?

汰木選手を語る時に忘れてはいけないのがそのルックス。爽やかなイケメンフェイスと183cmという高身長で多くの女性ファンを虜にしています。

イケメンサッカー選手特集ではほぼ必ず登場していて、J2山形時代には女性ファンの少ないチームの救世主となっていたようです。

 

そんな汰木選手に彼女は居るんでしょうか?

調べて見たところ、彼女がいるかどうかは分かりませんでした…。

女性ファンの皆さんはとりあえず一安心というところでしょうか。 

 

おわりに

J1初出場で1アシストという素晴らしい結果を残した汰木選手について、浦和のオリヴェイラ監督も「どんどんパフォーマンスを上げてきてる。成熟度が十分なところまで高まればスタメンでも起用できる選手だ」と絶賛しています。

平成最後だけでなく令和も汰木選手の年になると良いですね。

汰木選手の一層の活躍をみんなで期待しましょう!