トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

神戸市バス事故 なぜこちらはすぐに逮捕?

 

神戸市の三ノ宮駅前で市バスが暴走し、男女2人死亡、6人重軽傷という事件が起こりました。

池袋で高齢者の運転する乗用車の暴走事故があった矢先の出来事ということでネットでは『またか…』という声も多いようです。

 

 

神戸市バス事故の詳細

事故を起こした運転手の男の名前は大野二巳雄(64)

JR三ノ宮駅前のフラワーロードで事件は起きた。

目撃者の情報によると、乗客を降ろして発進した後、横断歩道上の歩行者を次々にはねたとのことです。

これにより男女2人死亡、6人が重軽傷。

本人は『バスが急発進して、人はねてしまった』と供述しているようです。

 

池袋の暴走事故との格差

今回の神戸市バス事故と池袋の暴走事故との間で差が見られます。

池袋の方は運転手が高齢で現在入院中であることも考慮して逮捕しなかった。

一方で神戸市バス事故の方は事故後すぐに自動車運転処罰法違反の疑いで現行犯逮捕となった。

こちらも64歳と高齢にも関わらずなぜか現行犯逮捕。

どうしてこのような差が生まれたんでしょうか?

 

格差の理由は?

やはり直前の池袋での乗用車暴走事故での警察の対応に批判が殺到したのが原因でしょう。

警察はこれに懲りて今回は現行犯逮捕という選択に踏み切ったのだと考えられます。