トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

スリランカのコロンボで爆発。イースター最中のテロ。宗教が関係?

スリランカで本日(4月21日)悲惨な事件がありました。

国内がイースターで賑わう中、教会や高級ホテルなど多くの人々が集まる場所で爆発事故。138人もの尊い命が犠牲になりました。

 

今回のテロは一体誰がどんな目的で起こしたんでしょうか?

イースターとは?

イースターとはイエス・キリストが十字架に架けられた後に復活した日のことをさします。(復活祭と呼ばれることも)

 

キリスト教においては一番重要な日とされていて、みんなで集まりご馳走を作ったりして盛大に祝います。

 

日本にいると信じられないかもしれませんが実はクリスマスよりも賑わいます。

 

どうしてスリランカでテロが起こった?

スリランカは南アジアのインド亜大陸に位置する共和制国家です。

その歴史は仏教とヒンデュー教の影響を強く受けており、今も深く文化に根付いています。

 

ところで、スリランカは1948年に独立するまでイギリスの植民地でした。

その関係で今も西欧人が多く暮らしていますが、それを快く思わない過激な人たちも少なからず存在します。

 

今回はそういう人たちが、キリスト教のお祭りであるイースターを狙ってテロを起こしたと考えられます。