トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

三浦伊織さんとは?(女版イチロー)

三浦伊織 イチロー

4月20日放送の『激レアさんを連れてきた』で紹介された女版イチローこと三浦伊織選手。

女性というと野球よりソフトボールのイメージが強いですよね。

しかし彼女はなんとプロ野球選手。

女性のプロ野球選手って存在したんですね!

今回はそれらについてまとめました。

 

 

女子プロ野球

そもそもこの番組を見るまで『女子プロ野球』の存在を知らなかった人が多いと思います。テレビでもあんまりやってませんからね。

そこでまずは女子プロ野球の歴史について見て行きましょう。

日本女子プロ野球リーグの公式ホームページによるとこうあります。

 

女子プロ野球創設に向けて動き出したのは2007年。

兵庫県丹波市で開催された女子高校野球全国大会で心は揺さぶられました。

男子高校野球部が全国で4000校を超える一方、当時、高校の女子硬式野球部は全国にわずか5校。

誰にも知られることなく、甲子園さえも目指すことのできない環境でした。

2010年、女子プロ野球リーグの創設者である角谷建輝知の『夢を追う女子野球選手の為に夢の舞台を作りたい』という想いから女子プロ野球は誕生しました。

 

設立時は2球団、2012年に大阪ブレイビーハニーズが新たにできて現在3球団。

人気野球ゲーム『ファミスタ』に登場するなど年々人気が高まって来てます。

www.jwbl.jp

 

 

 

 

 

三浦伊織さんの活躍

三浦伊織さんは1992年3月11日生まれで愛知県出身の女子プロ野球選手。

では三浦伊織さんの経歴について見て行きましょう。

高校までは野球よりもテニス選手として活躍し全日本ジュニア女子ダブルスでは3位など輝かしい戦績を残しています。

一方野球の方も中学1年生の時からアマチュア野球チーム『ドラHOTリューターズ』に所属し活躍していました。

2009年には全日本女子野球機構の合同トライアウトに見事合格。

晴れてプロ野球選手となり、京都アストドリームスへ入団するとすぐに結果を残します。

プロ一年目は打率リーグ2位、長打率1位を記録。

2014年にはなんと打率5割を記録。これが女版イチローと呼ばれる所以ですね。

同年MVPにも選ばれ、その後も現在に至るまで女子プロ野球を牽引する存在となっています。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

それにしても打率5割は信じられませんよね笑

まだまだ現役ということで、これからの活躍にも期待がかかります。

また、今回の三浦伊織さんのゴールデン出演で女子プロ野球の知名度が上がり、男子プロ野球に負けないくらいの人気が出るといいですね!