トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

宅浪で成功するコツ

宅浪で成功するコツ
今回は宅浪で成功するコツについて書いていこうと思います。

いやいやお前予備校行ってたやん、宅浪じゃないやん?

って思うかもしれませんが僕の浪人生活は実質宅浪みたいなもんでした。

一応駿台の東大演習コースやらに通うも授業が面倒臭くてほぼ行かず、自習室や図書館で1日の大半を過ごす。

模試の時だけひょっこり顔を出しクラス担任に怒られるみたいな生活でした笑

そんな僕が宅浪について語っていきます。

 

 

宅浪はどれくらい受かる?

浪人は大きく分けると「塾・予備校で浪人」と「宅浪」の2つがあります。

このうち予備校の方が成功率、つまり第一志望に受かる確率というのは高いです。

わざわざ高い学費を払って通うんですから当然ですよね。

また、浪人で失敗しないための3つのポイント - トエリのブログでも書きましたが、浪人生全体で見たときの第一志望の合格にする人の割合は10パーセントです。

すると宅浪で成功する確率というのは更に低い、つまりわずか10パーセント未満という事になります。

 

なぜ宅浪は失敗しやすいのか

ではなぜ宅浪はそんなに失敗しやすいんでしょうか?

いくつか理由を紹介していきます。

 

勉強計画を自分で建てなければいけない

まず最初にあげられるのは、勉強に関する一切を全て自分で管理しなければならないという事ですね。

どの教材を使うのか、それをいつまでに何週するのか、模試はどれを受けるのかといった勉強計画を全て自力で建てなければいけません。

大抵の浪人生は教材に対して十分な知識を持っていません。

そのため、「自分は今どのレベルの参考書を使えばいいのか」、「自分の志望校に合格する為にはどのレベルの参考書をマスターすれば良いのか」といった事に無駄に悩んでしまう、あるいは結局適切な参考書を選ぶ事ができないといった事態に陥ってしまいます。

適切な参考書を選べたら、次はそれをどのようなペースで学習して行くのかというのを自分で考えなければなりません。

そして今の作業を受験で使う全ての科目についてやらなければならないわけです。

基本的に浪人生にマメな人は少ないので、宅浪の人は最初のこの勉強計画でつまづいてしまう事が多いです。

 

誘惑に負けやすい

宅浪は文字通り浪人生活の大部分を自宅で過ごす事になります。

自宅には誘惑してくるものが沢山あります。ゲーム、スマホ、テレビ、筋トレ…。

これらの誘惑を全て乗り越えて勉強に1年専念するには、とてつもなく強い意志が必要となります。

果たしてそれだけの強い意志を持つ人が浪人生にいるんでしょうか?

予備校に通っていれば朝から夕方まで授業、そこから夜まで自習室というように、誘惑の存在しない環境で1日の大半を過ごせます。

 

モチベーションの維持が大変

浪人というのはただでさえモチベーションを保つのが大変なのに、宅浪だと更にきつくなります。

宅浪がモチベーションを上げる方法は

志望校のOC(オープンキャンパス)や学祭に行く

模試で良い成績を取る

くらいしかないです。

予備校に通えば、同じ目標を持ったライバルが沢山いて、周りもみんな勉強をしている為それなりにモチベーションを保てます。

 

宅浪は孤独

先ほども書いた通り、宅浪は一年のほとんどを自宅で過ごします。

ですからコミュニケーションを取る相手は家族だけ。

高校時代の友達が居るじゃないかと思うかもしれませんが、大学に行った友達はそこで新たに作った友達とつるんでしまうため、彼らと遊ぶ機会は激減します。

また、大学生側からしたら大学入試に失敗した浪人生を遊びに誘うというのは少し抵抗があります。

SNSが普及した今直接会うことはほとんどないでしょう。 

人間は孤独の期間が続くといずれ精神的に病んで、鬱になってしまいます。 

鬱というのは軽度であっても認知機能や健康に悪影響を及ぼします。

すると勉強のパフォーマンスも下がり、大切な試験の時には体調を崩しやすくなってしまいます。

 

 

 

 

 

宅浪で成功するコツ

 まずはしっかりとした勉強計画を時間をかけても良いので建てましょう。

勉強計画の建て方については下でまとめています。

東大生の勉強計画法 - トエリのブログ

 

次に誘惑に負けないコツですが、自宅で勉強しないというのが一番です。

勉強場所としては自宅周辺の図書館がオススメです。

静かで集中できますし、お金もかかりません。

たまに図書館が飽きてきたらお洒落なカフェとかに行くのもありです。(浪人生もカフェ行く人権くらいはあります笑)

 

それからモチベーションの維持ですがこれはかなり難しいです。

ツイッターやスタディプラスなどのSNSは自分の模試の成績や1日の勉強時間などを公開してる人が沢山います。

そこで自分と同じような境遇の人を探して、交流したりライバル視すると少しはマシになります。

 

最後に孤独対策ですが、これは自分から動くしかないです。

高校の時仲良かったやつらを積極的に遊びに誘いましょう。こちらから誘えば、あちらも別に変に気を使わなくても良いのかなってなって、あっちから誘って来ることも増えるかもしれません。