ひいろのブログ

心理学を中心に有益な情報を発信していきます

平成の日はできるのか?候補は12月23日?明治の日と大正の日はなんでないの?

12月23日は平成の日になる?

新元号発表が話題になっていますが、そもそも全ての発端は今上天皇が生前退位を希望したことがきっかけですよね。

生前退位による天皇の譲位の結果、様々な変更が起こります。

そのうちの1つが天皇誕生日の変更です。

今上天皇の誕生日である12月23日はこれまで「天皇誕生日」という祝日でしたが、天皇の交代により今年から天皇誕生日は2月23日となります。

では12月23日は何の日になるんでしょうか?

今回はその事について書いて行きます!

 

 

そもそも2019年の12月23日は祝日?

これに関しては「皇室典範特例法」に記してあります。

それによると国民の祝日に関する法律の場所に

"天皇誕生日十二月二十三日を削る"

と書かれています。

つまり今年(2019年)から祝日「天皇誕生日」は廃止になるようです。

今回は200年振りの生前退位というかなり異例なケースですが、結局天皇陛下の交代という本質は変わりません。

その為12月23日はもう天皇陛下の誕生日では無く、祝日としては扱われないようです。

代わりに2020年からは、皇太子様の誕生日である2月23日が天皇誕生日として祝日となります。

すると今年は『天皇誕生日』という祝日が存在しないという珍しい年になるんですね。 

 

今後12月23日が祝日になる可能性

今上天皇は生前退位をすると、上皇となります。

すると皇室には天皇と上皇が同時に存在することになり、これは「権威や象徴の二重構造」という観点から近代国家としてふさわしい状況ではありません。

しかしこの状況を変える事は難しいので、出来る限り天皇陛下側に権威や象徴を集中させる必要があります

これを意識してのものか単純に体力の衰えが原因かは分かりませんが、今上天皇は退位後に公務を全て新天皇、つまり今の皇太子様に任せるとしていました。

このような背景の中12月23日を「平成の日」のような何らかの祝日に設定してしまう事は、国民が上皇誕生日を祝うことになり、「権威や象徴の二重構造」という観点からふさわしくありません

その為12月23日が祝日になるとしたら、上皇の崩御後という事になると考えて良いでしょう。

 


 

 

 

12月23日は「平成の日」になる?

将来的に12月23日が祝日となった時の話をしましょう。

昭和天皇の誕生日である4月29日は昭和天皇の崩御後に「昭和の日」という祝日になったので、12月23日もこれに倣って「平成の日」となりそうです。

しかしここで1つ気にかかる事があります。

それは「明治の日」や「大正の日」が存在しない事です。

 

なぜ明治の日がないの?

なぜ明治の日がない?


そもそも明治天皇の誕生日がいつか知ってますか?

11月3日です。文化の日ですね。

なぜこの日が文化の日と呼ばれるようになったのか説明していきます。

明治天皇の崩御後に、天皇の功績を後世に伝えるためにこの日を祝日にして欲しいという運動が起こりました。

その結果、この日は明治節という祝日になりました

しかしこれは長くは続きません。

敗戦後、日本にやって来たGHQの民主化政策の元にこの明治節は廃止されてしまいました

この背景には天皇の権威を少しでも弱体化させたいというGHQの思惑があったと考えられます。

それでも国民はこの日を祝日にしたいと考え、GHQと交渉した結果結局この日は「文化の日」という天皇を思い出さないような無難な名前が付けられる事になりました。

 

なぜ大正の日がないの?

これは諸説ありますが、まず1つは大正時代がとても短ったというのが考えられます。

大正天皇の功績もあまりないため、誕生日を祝日にしようという国民運動も起こらなかったようです。

また大正天皇の誕生日の8月31日が明治天皇崩御に伴う服喪期間に含まれていて、この日を祝日にするのは憚られたためという説もあります。

 

 

このように「明治の日」と「大正の日」が存在しないのには特別な理由がありました。

そう考えると12月23日は「平成の日」となる可能性は十分に考えられると思いますね。

正直今のところ平成が終わったという実感が湧いている人はかなり少ないと思います。

これを将来実感する日が来るとしたら、「平成の日」が制定される日かもしれませんね。

 

平成天皇と呼ばない理由

「明治天皇」「大正天皇」「昭和天皇」という言葉は聞くのに「平成天皇」という言葉は聞きませんよね?

何故でしょう。

実はこの「年号+天皇」という呼び方は天皇の崩御後にしか使っていけないんです。

以前評論家の人がネットで「平成天皇」という言葉を使って大炎上したとか…。

確かに不敬ではありますが炎上するほどかとは思いますね。

まあこの事件は評論家の人が素直に間違いを認めなかったせいもあるでしょうが…。

皆さんも間違って平成天皇と呼んでしまわないように気をつけましょうね!