トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

令和記念硬貨はいつ販売開始?

令和記念硬貨はいつ販売?
ついに新元号【令和】が発表され世間は大騒ぎですね。
令和記念商品や令和記念ソングなどここ数日は令和関連の話題一色でした。
こういった国家的イベントがあると必ず作られるものが他にもありますよね?
記念硬貨です。
世間ではまだ余り注目されていませんが、令和記念硬貨の販売準備は裏で着々と進められているようです。
そこで今回は令和記念硬貨の販売はいつなのか、また販売方法について書いていこうと思います!


記念硬貨とは?

皇室関係やスポーツの祭典などの国家的出来事が起こった際にそれを記念してオリジナルデザインの貨幣が発行される事があります。
それを記念貨幣と呼び、その中でも硬貨のものが記念硬貨と呼ばれます。
最近販売されたものでいうと、例えば「リオ2016東京2020ーオリンピック競技大会開催引継記念」の千円銀貨幣も記念硬貨です。

f:id:highly-elite:20190404083225p:plain
https://www.mint.go.jp/tokyo2020/oly-1.html
このように硬貨のイラストがカラーで書かれているものもあります。

これはただの記念品ではなく法貨(法律によって強制通用力を与えられた硬貨)なので、実際に使用することも可能です。その際は表記されている額が適用されます。
しかしその素材は表記されている額よりも高額な場合が多く、大抵は表記額より高い価格で販売されます。
例えば最近だと天皇在位30年を記念した純金製1万円硬貨がなんと13万8000円で販売されました。

どうして記念硬貨は人気があるのか

先ほど紹介した純金製1万円硬貨は13万8000円という値段にも関わらず一瞬で応募が満帆に達しました。
どうしてそんなに皆記念硬貨を欲しがるのでしょうか?

記念品になる

国の一大イベントがあったら何らかの記念品が欲しくなりますよね。記念硬貨はその記念品として最適です!
記念硬貨にはそのイベントに関する絵が書いてあります。オリンピックだったら五輪のマークみたいに。
そのため、イベントの後も硬貨を見るだけでその当時の事が思い出せます。
また、基本的に貴金属で出来ているため見映えも良いです。

価値が保証されている

記念硬貨は最初に書いたように法貨ですから、表記されている額の貨幣的価値を持っています。
更に記念硬貨はその貨幣的価値とは別にコレクト品としての価値もあります。
この価値は時間が経つにつれて上がり、保存状態が良ければ、オークションで販売価格以上の値段で売ることも可能です。
例えば10万円硬貨だとプラス2~3万が相場らしいです。
このように試しにいくつか買っておけば将来思わぬ大金になって返ってくるかもしれません。

【令和】記念硬貨はいつ販売?

最近の国家的イベントといえば新元号【令和】発表ですね。
もちろん今回も記念硬貨が発行されます。
造幣局によりますと、お申し込みの受付予定は8月頃、購入者の元に届くのは10月頃を予定しているようです。
今の所そこまで問い合わせが来てないとの事なので、かなり狙い目です。


【令和】記念硬貨の購入方法は?

他の記念硬貨と同様に造幣局からの購入になると思います。
造幣局 (造幣局HP)
申し込み可能になったら造幣局のHPにアクセスして欲しい記念硬貨を選び申し込みましょう。
大抵の場合、申し込み多数によりその後抽選が行われます。令和の記念硬貨は特に人気が出るはずなので抽選必須ですね。
申し込み期間は3週間程度なので、3週間に1回のペースで造幣局のHPをチェックしておけば問題ないでしょう。
一々チェックするのが面倒だ、絶対に見逃したくないという方は「造幣局メールマガジン」に登録しましょう!
そうすれば記念硬貨に関する情報をいち早く確実にゲットできます。