トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

逆エイプリルフールって何?

エイプリルフールは逆エイプリルフール?


いよいよ明日は4月1日、エイプリルフールですね。

みなさん明日に備えて渾身の嘘を考えていると思いますが、ここで残念なお知らせです。

実は明日のエイプリルフールは逆エイプリルフールの日」と呼ばれ嘘をついてはいけない日なんです。

今回はこの理由について書いて行きます!

 

 

エイプリルフールの起源

逆エイプリルフールについて説明する前にまずはそもそもどうしてエイプリルフールが生まれたのか、その起源を軽くおさらいしておきましょう。

これには諸説ありますが、一番有力なのはフランスが起源だというもの。

エイプリルフールの起源はフランス?

元々フランスは復活祭の前日を新年として、そこから4月1日まで祭を催し、年明けを祝う習慣がありました。

しかし、復活祭というのが年によって変わるのが面倒ということで、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年としました

これに反発した市民が4月1日を「嘘の新年」と呼び、嘘のパーティーの招待状やイタズラのプレゼントを贈りつけたりして、馬鹿騒ぎするようになりました

これに激怒したシャルル9世は、馬鹿騒ぎをしていた人々を逮捕し、なんと処刑しました。

この悲惨な事件を忘れないために、フランス市民は4月1日を盛大に祝うようになりました。これがエイプリルフールの起源と言われています。

ここで王政に負けて自粛するのではなく、むしろ祝うようにしたという事からフランス国民の力強さや自由さが感じられますね。さすが革命を起こす国だけあります。 

【復活祭】:イエス・キリストが復活した日。イースターとも呼びますよね。

 

逆エイプリルフールの起源

では逆エイプリルフールとはどこから生まれたのか。

それは先ほどのシャルル9世の処刑が関係しています。

処刑された人々の中にはなんとまだ13歳の少女が含まれていました

この少女へ哀悼の意を示して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」として祝い、その日は嘘をついてはいけないという風習も生まれたそうです。

これを日本では逆エイプリルフールって呼びます。

 

 

 

 

 

今年は逆エイプリルフール

2019=1564+13×35 ですから今年は逆エイプリルフールです。

少女のことなんて忘れて友達と騙し合うってのもいいかもしれません。

しかし13年に1度しかない機会なので、今年くらいは正直に生きて何も知らず騒いでいる人間たちを眺めるというのもいいかもしれません。(ハロウィンの渋谷みたいにね)

 

 

フランスのエイプリルフール事情

エイプリルフールの起源と言われるフランスではちょっと変わったやり方でエイプリルフールをお祝いします。

それを紹介しましょう。

Poisson d'avril(ポワソンダブリル)

フランス国民はエイプリルフールの日になると嘘をつく他にイタズラもします。

イタズラをするという習慣はフランス以外にも見られますが、フランス人は嘘をついたりイタズラをした後『Poisson d'avril!(ポワソンダブリル)』と叫びます。

なんかかっこいいですね笑

この言葉はフランス語で『4月の魚』という意味になります。

では何故フランス人はこの掛け声を使うようになったんでしょうか。

 

エイプリルフールとは無関係?

フランスでは昔魚が産卵期に入る4月前半から漁を禁止するというルールがあったようです。

ある年、漁獲が許される最終日である4月1日に手ぶらで帰って来た漁師が居ました。

それを村の人がからかって、ニシンを川に投げ入れてその漁師に釣らせたというのが『4月の魚』の起源と言われています。

つまりこの『4月の魚』という言葉とエイプリルフールは無関係だったんですね。

しかしたまたまその日が4月1日と一致していた事から、嘘やイタズラの掛け声に『Poisson d'avril』が使われるようになったと考えられます。