トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

間違った勉強法

f:id:highly-elite:20190324234356j:plain
こんにちは!トエリです!
中学受験、大学受験という経験を通じて、僕の中には自分なりの勉強法が一応確立されてます。
でもそれが正しい勉強法かどうかと言われると微妙ですよね。
書店で売られている勉強法の本を読んでいると、もっと効率的な勉強法もあるよなと考えてしまいます。
また、普遍的に正しい勉強法なんて存在してなくて、人それぞれ違うという考え方もあります。
ただ同じ勉強法でも、自分なりの勉強法を確立する過程で切り捨てた「間違った勉強法」ってありますよね。
これに関しては誰にでも当てはまると思います。
そこで今回は過去に自分がやっていた間違った勉強法について書いて行こうと思います!
「自分の勉強法に自身がない」という方はぜひ見てって下さい!



律儀に問題集を周回する

問題集をやる=問題集をn周すると考えてる人多いと思います。
その考え方自体は間違っていないと思います。
一度解いただけでその問題から学べるものを全て吸収することって余程頭が良くないと不可能ですからね。
実際僕も高校時代同じ問題集を大体2~3周してました。
しかし、今思うと周回するやり方に少し無駄があったと感じます。
それは全ての問題を律儀にn回解いていたということです。
問題によっては2回以上解いてもなんも得られないものも結構あります。
初見で完璧に解けて、解答を見ても特に得るものがないという問題は1度解けば十分です。
こういった問題を何回も解くのは苦痛ですし、あまり意味がありません。
仮に解くにしても、時間制限を設けるとか、計算は飛ばして解答の大まかな流れだけ頭の中で確認するとか何かしら工夫をすべきですね。

リスニング聞き流し

一時期スピードラーニングっていう教材が流行りましたよね。(いまも流行ってるのかな?)
聞き流すだけで英語を聞き取るどころか話せるようになるとか。
これを真似して通学時間や寝ているときにリスニング教材の聞き流しをやってみたことがあります。
結果僕の英語力は上達したのか?
正直少しも成長を感じられませんでした。
聞き流しって文字通り聞き流してるから全く頭に入ってこないんですよね。
右耳から左耳へ、左耳から右耳へ音が流れてるだけです。
やっぱ楽してなんか身に付けようって考え方は甘えなんですね。

初見で解くことにこだわる

数学の勉強とかでありがちですよね。
初見の問題に30分、もっと凄いと1時間とか悩み続ける。
初見の問題が解けたときって凄い達成感ありますから気持ちはとてもわかります。
でもここに時間を使ってしまうのは正直非効率的です。
理由は主に2つ

・思考が段々雑になる
・解説を疎かに読んでしまう

問題を解く時の手段ってそんな多くないです。
高校数学レベルなら全部試しても10分かかりません。
それ以上時間をかけてる時って、一度試した方法をもう一回試してるみたいに無駄な事をしていることが多いです。
自分の考えつく全ての方法を試して無理だったら、潔く諦めて解説を読みこんで、何が原因で解けなかったのかハッキリさせましょう。

また、問題を考える時間があまりに長いと、集中力がなくなってきます。
すると、結局解けなかった時に解答をテキトーに読んでしまうという事が自分はありました。
また長く考えて解けないと気分も落ち込みますから、解答を読む気も失せてしまうんですよね。
「こんなの解けねーよ。」「出題者が悪い」
みたいに投げやりになったり、解けない原因を別に作ったりしてしまうことも。

毎日カフェに行く

どうせ勉強するなら暗く思い雰囲気の自習室よりカフェみたいなオシャレな場所でやりたいですよね。
その方がモチベも上がって勉強が捗ります。
しかし行きすぎは禁物です。
一時期僕はほぼ毎日スタバに通っていた時期があります。
最初は勉強が捗りましたが途中からカフェの特別感が無くなってきて最後の方はスマホをいじってばかりになってしまいました。
好物も毎日食べると飽きるようにカフェも通いすぎると何とも感じなくなってしまいます。
おまけに何かしらメニューを頼まなければいけませんから金も消えていきます。
こういう特別な空間での勉強は1週間に1度のご褒美くらいにした方が効率的ですね。
下の記事でも紹介しましたが、カフェという空間は作業に適した環境なので、自習室とか図書館でしか勉強したことないよって人は一回カフェに行ってみることをオススメします!
www.toeriblog.work