トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

東大の「進振り制度」って何???

どーもこんにちは、トエリです!世間はバレンタインデーで盛り上がっている様ですが、受験生の方達からしたら滑り止めの入試がどんどん始まり一番忙しい時かも知れません。

今回は前の記事でも出てきた進振り制度について紹介していこうと思います。これは東大を受験する人には絶対に知っておいて欲しい制度ですね!

 

 

 

  • 進振り制度って何???

前の記事でも書いた様に東大は2年生の後期から希望の学部に進学することになります。これを学生を進学先に振り分けるから進学振り分け制度、略して進振り制度って呼びます。一見すると学生に進路を考える時間を与える良心的な制度の様に思えますが、その実多くの東大生を苦しめてきたクソ制度なのです。

 

  • 進振り制度の落とし穴

先ほど希望の学部に進学すると書きましたが誰もがそうなる訳ではありません。当然のことながら学部ごとに定員が設けられているので選別が行われます。ではその選別方法とは一体どんなものなのでしょうか……。

 

 

テストです

 

 

は?せっかく東大入る為に青春を勉強に捧げてきたのにまた勉強すんの?

するんです…。

入学から2年生後期までの1年半に60個前後の単位を取らなければならないのですがその科目一つ一つに100点満点で点数が付きます。そしてその平均点によって選別がなされるのです。勿論高い人から順に希望の学部に進学出来ます。

東大志望というレベルの高い集団の中で必死の思いをして合格を勝ち取ったのに、入学したら今度は東大生という更に優秀な奴らと勉強で競わなければならない…。

これを絶望と言わずして何というのか。

こういったことから東大生の中には進振り制度をsinfullyと呼ぶ人も少なくありません。

 

 

  • 東大生ってどんだけ勉強してんの???

受験生の中には東大に入る為に1日10時間近く勉強しているのに、入学したら一体何時間勉強すればいいの?泣 なんて思う人も居るかと思います。しかし安心してください。東大生も大学生です。進振りの為にガチで勉強する人は1〜2割程度です。大抵の人はこれまでの受験勉強の反動で堕落し遊びまくります。試験一週間前になるまで何もしません。だからあなたが東大で成績上位を取りたいのであれば1日2時間も勉強すれば十分です。残りの22時間は遊びましょう!