トエリのブログ

東大生トエリです。個人的に興味のある記事を書いていきます。

東大に学部ってあるの?

あなた「へー!◯◯さんって東大生なんですか!?凄い頭が良いんですね!!」

東大生「デュフッww」

あなた「何学部に所属されているんですか?」

東大生「理科3類です(どやっ)」

あなた「へー…。(リカサンルイ?)」

 

どーも!トエリです!!

東大生の知り合いがいる、あるいは話したことがあるよと言う皆さんの中にこんな経験をしたことがある人はいませんか!?学部を教えろと言っているのに良く分からない言葉で返答してくる、こいつら勉強し過ぎて頭おかしくなったんちゃいます?ちゃいますちゃいます。じゃあこのリカサンルイってのが学部なの???ちゃいますちゃいます。えぇ!?じゃあ学部ってないの!?ちゃいます。

ってことで今回は東大に学部はあるのかないのか解説していこうと思います。

 

 

 

 

  • 結論

東大に学部はあります、はい。じゃあこの「リカサンルイ」とか言う奇怪な単語はなんなのか、また東大の学部制度について説明していきましょう。

  • 科類のお話

東大を受験すると分かるのですが、理系と文系でそれぞれ3つ、つまり計6つの志望枠があるんですね。そこの名前を見てみると

理科一類、理科二類、理科三類、文科一類、文科二類、文科三類

って書いてあるんですよ。これらを僕らは科類って呼んでます。じゃあこいつらは何の為の区分なのか。それを説明するには東大の学部制度に触れておく必要があります。

 

  • 学部制度

東大は他の大学とは一風変わった学部制度をとっています。なんと入学してからの1年半は学生がやりたいことを見つけるための期間として与えられているんです。多種多様な授業の中から好きな授業を選んで自分だけの時間割を作ることが出来ます。素晴らしいですね!やりたい分野が決まっている学生はその分野を集中的に学習でき、そうでない人はいろいろな分野に触れながら自分の本当にやりたい事をじっくりと見つけ出すことが出来ます。

そしてこの一年半が過ぎる、つまり大学二年生の後期からは希望の学部へと振り分けられることになります。これを僕らは進振り制度って呼んでます。

 

じゃあ結局さっき紹介した科類って何なのって話ですが、これは学部に振り分けられるまでの東大生の所属みたいなもんです。ただし、科類ごとにどこの学部に強いと言った違いがあります。最後にこの違いについて軽く見ていきましょう!

 

  • Re.科類のお話

違いはとても簡単。科類ごとにどこの科類に行きやすい行きにくいといった違いがあるんですね。

例えば理科一類なら工学系の学部に行きやすい〜、文科一類なら法学部に行きやすい〜、理科三類なら医学部に行きやすい〜などなど。

だから当然科類ごとに難易度が変わります。大雑把に式で書いちゃうと

 

理系 三類>>>>>>>一類>二類

文系 一類>=二類>三類

 

みたいな感じっすかね〜。これ見れば分かるように理科三類は東大の中でもレベルが違いますね。ほんと神様仏様って感じです。一方で文科三類の方達は東大の中で劣等感を抱きがちと言う噂も…。どこの科類でも入っちゃえば皆同じ東大生なんだし気にしないで〜とは思うんですが。

 

まあ今回はこんな感じで終わりましょうかね。東大の制度がいまいち分からない…って方達の助けに少しでもなればと思います。んっじゃまたね〜。